ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

みんなの作品

今日までお正月休みという方も
多かったのでしょうね。
いよいよ明日から
本格始動です。

ここ数日で溜め込んだ
お餅パワーを発揮して
頑張っていきましょう!


さて、昨年たくさん写真を撮ったのに
掲載できずにいた
手織りの生徒さんの作品を
今日はご紹介します。

まずはTさんの
がま口ポーチと編み針ケース。
a0191728_184014.jpg

たて縞デザインの教室課題で
織り上げた布で作ってくれました。
余ったたて糸でチェック地も織ったんですね。
よこ糸の違いで
雰囲気がガラリと変わることが
良く分かります。

ニットの資格もお持ちのTさん。
編み針ケースには商売道具がびっしり。
カッコいい!
a0191728_18407.jpg

Tさんは織るだけで終わらず
使う物に仕上げるところが素晴らしいです。
毎回何になるのか
これからも楽しみです!


こちらはHさんのマーガレット。
a0191728_184196.jpg

ネップ糸の色合いを生かして
ブルーの無地を組み合わせたのが
効いてますね。
Hさんは教室と教室の短い合間に
ちゃっちゃとお洒落なオリジナルを
作ってしまいます。
そして着用して披露して下さるのが
嬉しいです。
お似合いですよ。


こちらはAさんが
以前高機を借りて織られたという
マフラーです。
a0191728_184177.jpg

キレイな色ですね。
余り糸を合わせて織ったそうですが
計算して作ったかのように
美しいです。

選ぶ糸は
自然とトーンが似てるってこと
あります。
余り糸も大切にとっておくと
立派な一品になりますね。
脱帽!


こちらはABCクラフト水曜クラス
Nさん、Kさん、Oさんの
畝織りプレイスマット。
a0191728_184252.jpg

同じ教材ですが
出来上がりはこんなに個性的!

仕様を読みとって頂くことも
学習課程の一つです。
でも結果がテキスト通りに出来なくても
この教室は初心者向きなのでOKです。

逆に「こんな風にもできるんだ!」
と、新たな発見もありますね。
私もありがとう!と言ってしまう位です。

もちろん、資格を目指す場合は
もっと厳しいです。
密度や仕上がり寸法が
指示通り出来ているかが採点されます。

資格を取らないにしても
仕様を読み取れて
なおかつ自分のゲージを測れると
糸の分量を計算できるので
準備に失敗がないですよ。

オリジナルを織りつつ
是非その辺りの学習も
進めていきましょうね!








.
[PR]
by tezome-to-ito | 2014-01-05 17:08 | みんなの作品
<< みんなの作品 東京手織りの整経台 >>