ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

富山だより2 スーパー編

スーパーの陳列棚を見て回るのが
普段から好きな私です。
旅先でも、お土産屋さんより
スーパーを回る方が楽しい。

近所のお店では見られない品揃えだったり
その街の文化みたいなものが見て取れて
面白いです。

今日は足がつるほど時間をかけてf^_^;)
富山のスーパーを探検しました。

一番の驚きはなんと言っても昆布売り場。

a0191728_19472489.jpg


さすがは消費量日本一。
高級食材屋を思わせる充実の品揃え。
幅広の板昆布から、切り昆布まで
こんなに揃っているのは見たことない。
このほとんどが北海道産。

これは北前船がもたらした食文化らしい。
また、富山から出稼ぎや開拓で
あの昆布名産地、
羅臼に移動した人が多かったそうで
なんと!羅臼の8割が富山出身者だったこともあるそうな。
知らなかった〜。


もう一つ目についた陳列棚はこちら。

a0191728_19472521.jpg


どう調理するのか、
どんな形状のものになるのか、
道産子&奈良県民の私には
さっぱり分からない粉、コナ、こな。

近くの小麦粉コーナーには
札幌でも奈良でもあまりお目にかからない
中力粉が普通にあるのも
富山のスーパーの特徴です。

うどんを打ったり、お団子をこねたり、
それが日常の家庭で、
当たり前に行なわれているということなのかな?


そして本日のお買い物。

a0191728_19472558.jpg


「さざなみ」は塩昆布。
富山で塩昆布といったら「さざなみ」。

あるようで他では見たことない「干しタラのスライス」。
タラの消費量も富山が1番。

「ぶり大根」はお隣、加賀が名産地。
これは富山産。

そして、出ました!「昆布じめ」。
中身は静岡産カジキです。
鯛や鯖、イカなんかもありました。

牛乳は中身は普通と思われる。
もうすぐ始まる
おわら風の盆の紙パック。
これは今だけの限定ものなのかしら?


という訳で、そろそろ夕飯の準備に入ります。
今日はこの他に買った鰯メインで
海産物メインの食卓だな。
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-08-11 16:43 | こぼれ話
<< 富山だより3 市場神社 富山だより 1 >>