ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

新作糸 黒豆コットンビス

a0191728_9552014.jpg

ここのところ、年末恒例となっている
黒豆での糸染め。

言わずもがな、おせちの準備中に
お豆さんを煮こぼしながら、
これを使わずしてどうする!
と思ったのが始まりです。

最初の年は青く染まって、その美しさに感動!
ラミーコットンの黒豆を気に入ってくれた方が
何人もいらっしゃいました。

しかし難点は堅牢度が悪いこと。
1年もすると、青はすっかり抜けてしまいました。

それはそれ、ひと時の出会いでもこの色が好き、
と受け入れられる方はよいのですが
それでは虚しい・・と感じる人の情も当たり前。。

そんな悩みを知ってか知らずか、
次の年染めた黒豆はピンクになりました。

これは偶然の産物だったので驚きました。
しかもピンクになると堅牢度は良好。

化学的にはどんなことがおこっているのでしょうね。
黒豆の青とピンクは同じ色素なんでしょうか?
それとも違う色素なんでしょうか?
アントシアニンはPHによって青~赤に変化しますが
私の染めた黒豆液はどちらもPHは同じ。

どなたか、この謎を教えて下さい!

謎は謎のまま、昨年末もピンク黒豆、染めてみました。
糸はコットンビスです。
a0191728_105432.jpg

色味がとても上品です。
[PR]
by tezome-to-ito | 2012-01-19 10:14 | 草木染め糸みほん
<< お正月飾りの枝で染める@月曜クラス 色糸メッセージ2012 >>