ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

紐状の布を織る

前日に引き続き、箕輪直子先生の講習会に
出席して来ました。
テーマは「紐状の布を織る」

a0191728_9344942.jpg


「紐状に布を織る」?
紐を布と言ってよいのかと
疑問に感じる方もいらっしゃると思います。

織物のず〜と起源を遡ると
それは紐に辿り着くわけで、
織物=布と考えるなら、
織物の紐も布の一つと言えます。

織る、編む、組む。
繊維製品にも作り方の違いがありますが、
経糸と緯糸を交差させて布にするのが「織り」です。

今回の講習会では卓上機を使った織り方と
カードを使った織り方の講義があり、

実習では腰に経糸を括り付けての
カード織を行ないました。

天然生活的スローライフな人達の中には
セキユリヲさんが紹介されている
このカード織に興味をお持ちの方が
少なからずいらっしゃると思います。

私もその一人。

なので、とても楽しみにしていた講習会です。

こんな模様を織りました。

a0191728_9345013.jpg

[PR]
by tezome-to-ito | 2011-11-11 08:40 | 手織りダイアリー
<< 玉ねぎ&柑橘類 6+1色の糸たち 土染め&弁柄染め >>