ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

☆*:.。.北海道での収穫 シーズン2  「銀花とこぎん」

今日のBGMは、カーク・フランクリン&The family
「Silver and Gold」
(この記事の一番下に行くとこの曲が聴けます)

そしてご紹介するのはこちら。
a0191728_2233874.jpg


季刊「銀花」とこぎん刺しのコースター。
2月のワークショップでお世話になった、
古本とビールのお店 アダノンキ さんで買いました。

アダノンキさんのブログはこちら

「銀花」といえば、工芸や生活の美を長年紹介してきた雑誌ですが
確か去年で休刊になったんですよね。

お値段が結構する雑誌だったので購読はしていませんでしたが、
今改めて頁をめくってみると、内容が深くて
取材が半端じゃない。

ネットで何秒もかからずに、何でも検索できる今のご時世では
こういう雑誌が生きて行くのは難しいんでしょうね。
でもやっぱり私は、紙の上の活字と写真が好きだな。

こうした、ゆっくり眺めたい雑誌は
これからは古本屋さんじゃないと見つけられなくなるのかも。

アダノンキのオーナーは、本選びも丁寧にアドバイスしてくださる
知的で気さくな、ちょっとアンジェラ・アキ似の女性です。

こぎん刺しのコースターの作者はそのオーナーの妹さん。

このシンプルな模様が好きで買ったのですが
気づいてみれば、
自分もとある人に刺繍のコースターをプレゼントした時
全く同じデザインで作ったのでした。
笑える。

でもこちらの方が、繊細です。

妹さんは2月のワークショップに参加してくださったのですが、
糸に向かうと、すーっと入り込んでいくような感じで
尊敬すべき手仕事の人でした。


本とビールをこよなく愛するお姉さん。
糸と布をこよなく愛する妹さん。

お二人とも、ご自分の大切なものをちゃんと知ってらっしゃる。
それが素敵です。

今日のBGMは「銀や金より、私にはジーザス」
と歌っているのですが、
どんな財宝にも劣らない価値のあるものって、
人にはそれぞれあるものです。

私にとっては、糸と染め
そして家族や友人との繋がりかな。
これはどんな物より尊くて、大切にしているものです。


そんなわけで、今日はこのゴスペルを選びました。。。
と言うのは嘘です。

「ぎん か」と「こ ぎん」
ぎん と silver をかけてみました(^^;)

おやじギャグでごめん。。。

ついでに ざっし と ざし・・・

あ、もういいですね。失礼しました。。。




[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-27 22:53 | 収穫シリーズ
<< ☆*:.。.北海道での収穫 ... ☆*:.。.北海道での収穫 ... >>