ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

公園の植物で「草木染め」@札幌西岡公園 子りす工房

a0191728_1157376.jpg

10月18日に札幌西岡公園に草木染めの講師として伺いました。

以前にもご紹介しましたが、西岡公園では
自然を生かした制作講座を定期的に開設しています。
それが「子りす工房」。

今回その大人版の講座として、企画から携わらせて頂きました。

こだわったのは、公園で拾える木の実や枝を活用すること。

それならどんぐり(みずなら)の拾える秋が良い、ということで
この時期の開催になりました。

しかし折しも、札幌は熊騒動の真っ最中。
今年はどんぐりも少ないとのことでした。

「できれば、動物たちのためにどんぐりは残してやりたい」
とは職員やボランティアさんの言葉。

大丈夫です!!

草木染めの染料として使うのは、どんぐりの実ではなく
殻斗、つまり帽子の部分。

今回は使用しませんでしたが、栗も実よりイガ、
くるみも堅実より果肉、染料には
動物たちの食糧となる部分とは別の所を使用するので
彼らと草木染めは共存共栄できるのであります。

めでたし、めでたし。と喜ぶより、
札幌住民の方々は熊と鉢合わせしないか不安の日々。
どんぐりをたくさん山に運んであげたら、
熊は大人しく帰ってくれるのでしょうか。。。



さて、話は講座に戻ります。

今回使用した植物は、みずならの実
ハクウンボク+ツルアジサイ+白樺のブレンド
ラベンダー です。

これに媒染をかけあわせて、18色の色を染めました。
それが上の写真です。

参加者の皆さんは、何を選んで染めるか
とても悩んでいらっしゃいました。
でもそれも楽しみの一つ。

a0191728_127497.jpg

公園の自然を目の前に、
皆さん、たっぷり草木染めの醍醐味を味わって
満足して頂けたようです。

参加者の皆さん、ありがとうございました。

この講座の様子は西岡公園のHPでも紹介されています。


西岡公園のHP
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-22 12:10 | ワークショップダイアリー
<< 藤原宮跡のコスモス 「天然染料の虹色染め」@shi... >>