ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

紅花で染めるかわいい小物@月曜クラス

昨日のワークショップは「紅花」。
揉んで、搾って、また揉んで
a0191728_921250.jpg

まずは黄色色素を洗い出した後、
アルカリで赤色色素を抽出します。

コットンポーチやハンカチがきれいに染まりました。
a0191728_925146.jpg


染めている間は「紫っぽい~」と驚いていたTさんのポーチも
a0191728_9264966.jpg

水洗いの内にきれいに発色しました。
a0191728_9391696.jpg


同じ量の染料を使用していても、
手によって染まり具合は違うものだと
つくづく感じました。
そこが手仕事のおもしろさ。

紅花は冬に染めるときれいに染まると聞いたことがあります。
水や気温、あつかう人の手の温度にも
微妙に反応するのかもしれません。
植物と人との、不思議なコミュニケーションですね。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-10-04 09:40 | ワークショップダイアリー
<< 紅花染めの作品写真が届きました 藍の花が咲きました >>