ブログトップ

手染めと糸のワークショップ 

tezomeito.exblog.jp

金時草・・・なるもの

a0191728_17197.jpg


「煮浸しにしたら色がとてもキレイだったので」
と友達が送ってくれた金時草の料理写真です。

キンジソウ。

一緒に近所の道の駅に行った時、直売場で彼女が買っていたので
奈良ではメジャーなのかと思っていましたが、
関西でも、めったにお目に掛からない野菜なのだそうです。

金沢ではよく食べられているとのことで、
調べてみると、「加賀野菜」とありました。
唯一、一般に流通しているのが石川県みたいですね。

金時芋に色が似ているところから、この名前がついたらしいです。
確かに!アントシアニンたっぷりの美しい出汁ですよね。

同じくアントシアニンたっぷりの赤シソが旬なので
金時草もゲットするなら今がチャンス!のはず。。。

どうする?私。。。行くのか?道の駅。。。

何でも染めたい私の性質を知る悪魔・・いえ、天使の
フ フ フ
という笑い声が、遠くから聞こえてくるのでした~。
[PR]
by tezome-to-ito | 2011-06-18 17:34 | こぼれ話
<< 藍生葉染め 24色の糸たち >>